ハヤブサのクリスタルパージ

  • 使用中のパージ剤より高洗浄力で低残留性のパージ剤をお探しの方
  • 色替えや材料替え時に前材が抜けきれず困っている方
  • 異物(黒点)不良を減らしたい方
クリスタルパージの画像

クリスタルパージは多品種少量生産の時代において作業時間の短縮・歩留まりの向上・コストパフォーマンスに優れ、成形工場で大きな貢献をしております。

  • 少量で素早く洗浄できるので生産効率up
  • 色替え・材料替え時間の大幅短縮成形材料や廃棄パージ剤の低減
  • 不良率の低下

ぜひ、クリスタルパージの無料サンプルをお試しください!!

最高級の界面活性剤と特殊添加剤

強力Gミセルのアタックと特殊添加剤の働きにより界面活性剤濃度を増加させることにより、ミセルは急激に増加し、またミセルの形状も変化し、その能力は増していきます。
湿潤・浸透作用により、界面活性分子が付着物に浸み込んで剥離作用で境面の汚れを落とします。

ITを表すグラフやデータの様子

クリスタルパージの特徴

クリスタルパージは究極の洗浄力を目指した新しい洗浄剤
<射出成形機・材料・成形・作業者・環境>全てを考慮して開発しました。

優れた洗浄力
最適ベースポリマーと最高級特殊材の働きにより洗浄力を最高にUPさせました。
機械摩耗が無い
スクリュー・加熱シリンダーの摩耗がありません。
スクリューへの残留性が少ない
比重分散によるシリンダー内残留が極めて少ない。
グレードを大幅に削減
多数のグレードによる現場サイドの使用混乱を避け、作業管理を簡単に、しかも安全にさせます。
金型摩耗がない
工学レンズ用金型・精密金型の摩耗の心配がありません。
作業環境に配慮
白煙・刺激臭が極めて少なく安心してお使い頂け、ベレット状のため取り扱いも簡単です。
男性社員が資料を使用して説明をしている様子

クリスタルパージは色替え、材料替え、炭化異物の洗浄として新しく開発したパージ剤です。
一般的にスクリューシリンダー内では加熱された樹脂が化学的・物理的な条件を継続的に受け、樹脂の劣化反応が生じます。
特にスクリューヘッド・カラーリング・逆流防止リング、俗にいう3点セット部は単純なスクリューとは違い形状が複雑で流動が悪くなっているため滞留しやすい。そのため、後継樹脂に切り替えてもスムーズに後継樹脂に切り替わらないという問題が発生します。
このことは加熱シリンダー内部のみならず、ホットランナー金型に対しても同様の影響を与えるということは言うまでもありません。

他のパージ剤との大きな違いは、クリスタルパージには最高級界面活性剤と特殊添加剤を配合したパージ剤であるということです。
界面活性剤分子と特殊添加剤がスクリュー及び加熱シリンダー内壁に付着した劣化樹脂や炭化物に対して界面張力低下作用を与え、分散力・浸透作用により付着物にしみ込んで活発なそして強力な洗浄効果を引き出します。
現在、界面活性剤入りの洗浄剤(パージ剤)を市販しているメーカー様がございますが、弊社の最高級界面活性剤は界面張力低下能力が極めて小さな値を示し物性的に優れています。

環境負荷物質は使用しておりません
  • 高洗浄力・・・化学的で抜群の洗浄力を発揮します。
  • 低残留性・・・自己排出性にも優れております。
  • 簡単作業性・・・パージ量も少なく簡単に作業ができます。
  • 環境にマッチ・・・刺激臭、白煙が極めて少ない。  
クリスタルパージの表面張力を表したグラフ
原子と分子を表したイラストの様子

ハヤブサのパージ剤
クリスタルパージの紹介動画

クリスタルパージのグレード

グレード使用温度適応樹脂フィラー有無特徴
SS180~320℃AS, PP, ABS, PVC, POM, PMMA, PC等化学発泡系で低残留性の強力タイプ
G180~320℃PE, PP, POM, PBT, ABS, エラストマー等標準タイプ。シール用としても最適
G2180~340℃PE, ABS, POM, PBT, PET, ナイロン等無機低温域から高温域までの万能タイプ
G3180~340℃PVC, PE, ABS, PBT, PET, PPO, PC, PPS等無機かき取りタイプで高洗浄力
H2190~340℃PE, PP, ABS, PBT, ナイロン, POM, LCP等剥ぎ取り力が強く高洗浄力
M3190~340℃PP, ABS, POM, PBT, PC, PPS, PEI, PES等無機かき取り ・ 剥ぎ取りタイプ
MA200~340℃PS, PP, ABS, POM, PBT, ナイロン, PC, PPS等剥ぎ取り力が非常に強く高洗浄力
※各グレードのSDS「安全データシート」は、ご要望に応じて対応いたしますのでご所望の方はお申し付けください。
グレード使用温度適応樹脂フィラー有無特徴
SS180~320℃AS, PP, ABS, PVC, POM, PMMA, PC等化学発泡系で低残留性の強力タイプ
G180~320℃PE, PP, POM, PBT, ABS, エラストマー等標準タイプ。シール用としても最適
G2180~340℃PE, ABS, POM, PBT, PET, ナイロン等無機低温域から高温域までの万能タイプ
G3180~340℃PVC, PE, ABS, PBT, PET, PPO, PC, PPS等無機かき取りタイプで高洗浄力
H2190~340℃PE, PP, ABS, PBT, ナイロン, POM, LCP等剥ぎ取り力が強く高洗浄力
M3190~340℃PP, ABS, POM, PBT, PC, PPS, PEI, PES等無機かき取り ・ 剥ぎ取りタイプ
MA200~340℃PS, PP, ABS, POM, PBT, ナイロン, PC, PPS等剥ぎ取り力が非常に強く高洗浄力
※各グレードのSDS「安全データシート」は、ご要望に応じて対応いたしますのでご所望の方はお申し付けください。

クリスタルパージの使用量

サイズ使用量(目安)
成形機50 ~ 90トン
100 〜 150トン
200 〜 600トン
700 〜 1300トン
0.3 〜 0.5kg
1.0 〜 1.5kg
2.0 〜 4.0kg
4.0 〜 9.0kg
押出機40mm
65mm
90mm
120mm
1.0 〜 3.0kg
5.0 〜 8.0kg
9.0 〜 12.0kg
15.0 〜 20.0kg

クリスタルパージの作業手順

一般的な作業手順
成形していた材料を加熱シリンダー内から全量排出する。
(加熱シリンダー内の樹脂を抜いて空にする)
ホッパー内を掃除する。成形していた材料が残っていないかしっかり確認を行う。
クリスタルパージを必要量ホッパー内に投入する。使用量は上記の使用量目安(カタログの使用量目安)を参考にして下さい。
ノズルを後退(射出台を後退)させ、背圧を下げてスクリューを回転させる。ノズル先端からクリスタルパージが排出されてきたことを確認し、射出・計量を繰り返しパージの実施をする。(この際できる限り射出・計量は高速で行う)
パージが完了したら、ホッパー内を掃除する。必ずパージ剤(クリスタルパージ)が残っていないことを確認してから、次の成形材料を投入する。
成形材料でクリスタルパージを完全に加熱シリンダー内から全量排出し、成形を開始する。
  • パージ温度は成形していた時の温度設定のままでご使用下さい。
  • パージ温度は使用温度範囲内でのご使用を厳守して下さい。
成形していた材料を加熱シリンダー内から全量排出する。
(加熱シリンダー内の樹脂を抜いて空にする)

ホッパー内を掃除する。成形していた材料が残っていないかしっかり確認を行う。
クリスタルパージを必要量ホッパー内に投入する。使用量は上記の使用量目安(もしくはカタログの使用量目安)を参考にして下さい。
ノズルを後退(射出台を後退)させ、背圧を下げてスクリューを回転させる。ノズル先端からクリスタルパージが排出されてきたことを確認し、射出・計量を繰り返しパージの実施をする。(この際できる限り射出・計量は高速で行う)
パージが完了したら、ホッパー内を掃除する。必ずパージ剤(クリスタルパージ)が残っていないことを確認してから、次の成形材料を投入する。
成形材料でクリスタルパージを完全に加熱シリンダー内から全量排出し、成形を開始する。
  1. パージ温度は成形していた時の温度設定のままでご使用下さい。
  2. パージ温度は使用温度範囲内でのご使用を厳守して下さい。
シール剤としての作業手順(停止するとき)
上記の一般的な作業手順の(4)まで同様。
計量全ストロークの2割程度クリスタルパージを加熱シリンダー内に残す。
ヒーター電源を切る。(ヒーターブレーカOFF)
上記の一般的な作業手順の(4)まで同様。
計量全ストロークの2割程度クリスタルパージを加熱シリンダー内に残す。
ヒーター電源を切る。(ヒーターブレーカOFF)
シール剤としての作業手順(開始するとき)
ヒーター電源を入れる。(ヒーターブレーカON)
設定温度になったら、成形する樹脂の前に、必ずクリスタルパージで再洗浄する。
上記の一般的な作業手順の(4)から同様の手順で行う。
ヒーター電源を入れる。(ヒーターブレーカON)
設定温度になったら、成形する樹脂の前に、必ずクリスタルパージで再洗浄する。
上記の一般的な作業手順の(4)から同様の手順で行う。

取扱いの注意点

ご使用前には必ず製品SDS,カタログをお読み下さい。

作業について
  1. 乾燥はしないで、そのままでご使用下さい。
  2. グレードに設定されている使用温度範囲内でご使用して下さい。
  3. スクリュー回転時に大きな負荷がかかる場合は、樹脂温度を少し上げるか、回転数を下げてご使用下さい。
  4. パージ温度は、成形していた樹脂温度と同一温度で洗浄するのが効果的です。
  5. パージ作業はすみやかに行い、長時間高温設定での滞留は避けて下さい。
  1. 乾燥はしないで、そのままでご使用下さい。
  2. グレードに設定されている使用温度範囲内でご使用して下さい。
  3. スクリュー回転時に大きな負荷がかかる場合は、樹脂温度を少し上げるか、回転数を下げてご使用下さい。
  4. パージ温度は、成形していた樹脂温度と同一温度で洗浄するのが効果的です。
  5. パージ作業はすみやかに行い、長時間高温設定での滞留は避けて下さい。
安全上の注意点
  • 高温でパージする場合は、樹脂の飛散等に十分注意して、作業には保護具(手袋、保護眼鏡)を着用して下さい。
  • 作業中に発生するガスは、局所排気装置を設置して排気することをお薦めします。
  • 製品ペレットが床面や機械テーブル上に漏出した場合は、滑って転倒する危険がありますので必ず回収処理して下さい。
  • 高温でパージする場合は、樹脂の飛散等に十分注意して、作業には保護具(手袋、保護眼鏡)を着用して下さい。
  • 作業中に発生するガスは、局所排気装置を設置して排気することをお薦めします。
  • 製品ペレットが床面や機械テーブル上に漏出した場合は、滑って転倒する危険がありますので必ず回収処理して下さい。
保管について
  • 本製品は可燃性材料ですので、熱及び発火源から離れた場所に保管して下さい。
  • 開封後は、湿気やゴミが入らないように注意し保管して下さい。
  • 直射日光、水漏れ、湿気を避けて保管して下さい。
  • 本製品は可燃性材料ですので、熱及び発火源から離れた場所に保管して下さい。
  • 開封後は、湿気やゴミが入らないように注意し保管して下さい。
  • 直射日光、水漏れ、湿気を避けて保管して下さい。
廃棄について
  • 本製品の廃棄物は、埋め立て又は焼却によって処理できます。
  • 本製品を埋め立て又は焼却によって処理する場合には『廃棄物処理及び清掃に関する法律』に従って処理して下さい。
  • 本製品の廃棄物は、埋め立て又は焼却によって処理できます。
  • 本製品を埋め立て又は焼却によって処理する場合には『廃棄物処理及び清掃に関する法律』に従って処理して下さい。
その他

本製品はプラスチック成形機・押出機の加熱筒(加熱シリンダー)内の洗浄剤です。従ってこの目的以外にはご使用できません。
その他ご不明の点が有りましたら、事前にご相談下さい。

クリスタルパージ
をご利用いただいている企業様からの声

静岡県 
和興産業株式会社 様

弊社では業務効率、洗浄具合、共に支障のない範囲内で使用させていただいております。
今後も継続してクリスタルパージを使用していきたいと現場一同賛同しておりますのでよろしくお願いいたします。

男性社員がスピーチをしている様子
東京都
A商社 様

数年前よりクリスタルパージの販売をさせていただき、弊社のエンドユーザー様へサンプルを提供の上、お勧めしております。
洗浄力・価格・納期対応等を総合的にご判断していただいた結果、費用対効果に優れているということで、現状の大手パージ材メーカーから切り替えていただくケースが多いです。
中には一部上場企業の工場で高い評価を得て切り替えに至っている事例もあり、商社としての観点から見てドアノック商品としての貢献度も高いです。

男性社員がスピーチをしている様子
静岡県
O社 様

アクリル材専用機で異物対策として、週末停止時に射出シリンダー内を『クリスタルパージ』に置換していますが、おかげさまで現在のところ大きなトラブルはありません。

男性社員がスピーチをしている様子
愛知県
X社 様

樹脂成形を行う中で、色替えや異物で困っていたところ、クリスタルパージを知り試して見たところ大きく解消できました。それ以来クリスタルパージを使用しています。

綺麗なデスクに置かれたパソコンの様子
Contact

お問い合わせ

射出成形機スクリュー洗浄剤・パージ剤は株式会社ハヤブサにお任せください。